続シトロエンSM日記
このブログはシトロエンSMに魅せられた一人の日本人の物語である
運動会
昔は運動会というものは秋に行うものと決まっていた。それが最近は春(初夏)に行うのだという。秋だと受験勉強に差し支えるとか何とか理由があるようだ。さて、昨日は朝から快晴。カミさんは珍しく何も予定がないのだという。何かする事ないかと考えてみると、T市に住む長女のところの、今年1年生の孫の運動会なのであった。プログラムによると、孫の出場するリレーは午後からだという。そんなら今から行っても間に合うやんか、という事になり、二人してSMに文字通り飛び乗った。
Img_0389[1]
有馬温泉方面へ向かう山道は新緑が綺麗だ。
Img_0392[1]
我が家から四国方面へ向かうには、中国道を経ずに阪神高速7号北神戸線を利用する方が近くて早い。
Img_0393[1]
垂水JCTのトンネルを抜けて、明石海峡大橋に差し掛かる。
Img_0396[1]
淡路島を縦断、大鳴戸橋を渡るともう四国だ。ここは何時も風の強い場所だが、この日は穏やか。もっともSMであれば風の強弱は無関係。

続きを読む
スポンサーサイト
タオルミナ
IMG_20170526_0002.jpg
タオルミナでG7サミットが開催されている。タオルミナは、シチリア島の北東部に位置する景勝地で、パリ時代に夏休みを家族連れで過ごしたことがある。1980年の8月、フランス人並みの1か月、とは言わなくても2週間の夏休みを取ろうと、旅行社のパンフレットを見て申し込んだ。往復の飛行機と現地の宿舎だけがセットになっているプラン。オルリー空港から2時間弱かかったと思う。宿舎までは多分タクシーで行った。宿舎は2階建の快適なリゾートハウスで、冷房が無いから昼間は暑いが朝晩は涼しい。で、海水浴に行ったり、ボートで洞窟巡りをしたり、市内の旧所名跡を訪ねたりしていたら、4、5日で仕事が気になって、無性にパリへ帰りたくなった。流石は日本人、ワークホリックである。残念ながら帰りの便は決まっていて、勝手に変更する訳には行かない。
写真はタオルミナの展望台で。長男7歳、次男4歳、長女1歳。丁度今の孫たちと同じほどの年齢だ。

続きを読む
SM FOR SALE
3L ATディーラー車(4灯)。白内装茶革。約3年前にAT新調、程度上。オーナーさんは腰痛の為、運転が困難になり引き継いで頂ける方を探しています。価格など応談。現車は東大阪市にあります。真剣に検討頂ける方はコメント欄に連絡先を明記して「非公開」で送信して下さい。折り返し当方より連絡方法をお知らせします。冷やかしはお断りします。
この個体に関する過去記事はこちら↓
また1台
また1台(その2)

オイル交換
Img_0384[1]
SMのエンジンオイル交換は5千KMごと、オイルフィルターは1万KMごとの交換が推奨されている。私の場合は3千KMごとのオイル交換と、2度のオイル交換に付き1回のフィルター交換を励行している。オイルは半合成のVALVOLINE MAX LIFE20W50。古いエンジンで各部のクリアランスが大きいから、余りサラサラの合成油を使うよりも、鉱物油ベースのオイルを頻繁に換えてやるのが良いだろうと考えて使用している。実際にオイル消費は3千KM走って1L程度、オイル上りなどの兆候は無い。
Img_0383[1]
SMを良い状態に維持する最善の方法は走らせることである。最低月に一度、100KM程度を走るのが良い。先月のつま恋以来、長距離を走っていなかったのだが、丁度オイル交換の時期であることに気づいて、T匠のところへ駆け込んだ。真夏日の午後、未だ湿度はさほど高くなく、窓を開けておけばエアコンは使わなくても済む。オイル交換を終えて、次にI匠のところに立ち寄って帰宅したら、家に着く手前で積算距離計が28000KMに達した。勿論一回りしているので、実際は128000KMである。しかし、知らない人だと実走2万8千だと言っても信用するかも知れない。フランス中部ロワール県のFさんの所から、はるばる我が家にやって来て早や13年。年に平均4300KMほど走っている勘定になる。SMを良い状態に維持する最善の方法が走らせる事であることの証明になるだろうか。
DS7が大統領車に
ds7presidentielle.jpg
フランスの新大統領が何に乗るのかは常に関心の的である。昨日、大統領に就任したエマニュエル・マクロンは、使いなれたルノーエスパスでエリゼ宮に到着したが、就任式後、シャンゼリゼを凱旋門までパレードしたのは軍用車であった。7月14日の革命記念日以外のパレードで軍用車が使用される事は滅多にないから、これは仏国軍の総司令官としての軍に対する大きなジェスチャーであった。その後、凱旋門からエリゼ宮への復路にマクロンが乗ったのはブルー・アンクル(bleu encre)のDS7 Crossbackであった。今年2月に発表されたばかりのDS7 Crossbackだが、この車両は当然防弾仕様で、特注のキャンバス製のサンルーフと前席後ろに保持用のバーが備わっている他、国旗用の支柱とボンネット先端にはトリコロールのバッジが備わっている。

続きを読む


プロフィール

komo@sm

Author:komo@sm
愛するもの:家族(愛犬ユキを含む)とシトロエンSM
嫌いなもの:常識のない大人
       行儀の悪い子供
       知的でない若者
好きなもの:ありとあらゆる種類のアルコール飲料
得意なもの:フランス語
苦手なもの:女性(特にカミさん)
心配なもの:この国の将来



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR